--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.28 05:51|未分類
いや、何回か記事自体は書いてたんですよ。ホントダヨ?

記事を書くのが途中でダルくなったりして、一旦保存して放置しとくいつの間にか忘れちゃうんだよね。年のせいかな?
前の記事から時間が経ちすぎて色々書くこと多いね。

冬くらいのことから書く予定です。

コミケ関連とか

今年は行きませんでした。正確に言うと行けませんでした。
家庭の事情で引っ越しする必要が出てきまして、引越しシーズンに入る前に引っ越そうということで新年早々に引っ越したので年末はその準備で大忙し。とてもじゃないけどコミケに行ける状態ではありませんでしたね。
何回か参加している内に色々知り合いも増えてきたのに、挨拶とか出来なくて申し訳ないです。
一部の人はわざわざメールで連絡までしてくれたのに、年末は携帯まで壊していた始末でろくに返事もできず、いくら頭を下げても足りませんね……。
夏コミの予定はまだ分かりません。今年は就活を控えている上に、Mr.サボり魔の称号を手に入れている私はまだ卒業に必要な単位が結構不足してるので忙しくなりそう。

最近やってることの話し

記録は残しておかないと、前に何やってるのか鮮明には思い出せない。久しぶりに記事を書くとそう思います。
なんだか色々やっていた気がします。
12月 Borderlands2 pre-sequel
1月 Dungeon Defenders2
2月 Osu!
3月 CS:GOいや、実際は超適当です。実際一ヶ月区切りでやってたわけでもなくもっと短かったりもっと長かったり。LoLもちょこちょこやったり、別ゲー(Minecraftとか)やったりもしてた。どうせだから各ゲームの批評とか、色々書くよ。

Borderlands2 pre-sequel

2015y03m28d_060942822.jpg

知ってる人は知ってる結構有名な作品の最新作。タイトル通り時系列的には2の前から3への繋ぎ。
詳しい話は公式とかプレイ動画とか見れくれた方がいいから、やる価値あるの?って話だけ。
現在の価格は7000円。僕はSaleの時に買ったのでもうちょっと安かったです。
Steamの評価は非常に好評。買うかどうか人によっては悩むんじゃないでしょうか。
僕が買った時には「ストーリーは割としっかりしている。内容も良くも悪くも前作の部分を多く引き継いでいるので、前作を楽しめた人なら買って損はないだろう。ただ7000円の価値はない」という内容のコメントがありました。
はい、実際そのとおりだと思います。Borderlands2の大ファンなんです!って人は今のまま買えばいいと思う(まずそんな人は既に買ってると思うけど)。が、個人的には言うなら今買う必要性は一切ない
特にBorderlands2をやり込んだ人には強く言える。僕がやっていた頃はUVM(Ultimate Vaulthunter Mode)がなかったので尚更そう思ったんでしょうが、コンテンツが少ない。まだやりこみ要素が少なすぎて、これで7000円かーとどうしても思ってしまう感じですね。それと2の頃に比べてスキルツリーが多彩になった(多分良い点)一方で、アクションスキルがあまり面白くないようになった気がしますね。2の時は各キャラそれなりにそれぞれの強みがあったと思うんですよ。マヤのフェーズロックはボスにスラグが入る強みがあったし、サルバトールは純粋な最強火力、ゼロはまさにアサシンといったプレイが出来て、FPSなのに脳筋殴り合いが出来る。でも、pre-sequelは各キャラのアクションスキルが悪く言えばネタっぽい。装備に強さが依存しない(間違ってたらすまん)ドッペルゲンガーのアクションスキルはゲーム中盤までは強いが、やり込むに連れてただのデコイなるだろうし、自分の装備が強くなっても変わらないのは悲しいよね。CL4PTR4Pとかも弱いわけじゃないけどネタ要素多いし。長くなりそうだからここらで止めとく。
 結局何が言いたかったかというと、pre-sequel買うなら2買った方がいいよってこと。2持ってる奴はもっとかなり安くなってから買ったほうがいい。そういうこと。ちなみにこのゲーム本体と追加でDLCが多いのでそこら辺も考えて購入すべき。

Dungeon DefendersⅡ

2015y03m28d_055953108.jpg

これまた知ってる人は知ってる有名なゲームの第二弾。※現在、α版
一言で言ってしまえば、タワーディフェンスとRPG要素が組み合わさった三次元タワーディフェンス。
プレイヤーは指定されたユニットコストまでマナを消費してタワーを設置、強化を行う。ここまでだと普通のタワーディフェンスだが、このゲームはそれに加えてバトルフェイズ中はプレイヤーがキャラクターを操作して敵に攻撃出来ることが特徴。キャラクターに防具や武器、アクセサリなどを装備させてステータスを上昇させることが出来る。

・前作のDungeon DefendersⅠは以下の様なゲームだった!

上位等級の装備のドロップ率が非常に低い。
装備のランダムオプションが良し悪しに大きく関係してくる。
まずレベル上げの必要経験値量が異常。
レベルが上昇に対して後半はステータスの伸びが半端ないので、ステータスが足りないと簡単にボコボコにされる。
などといった鬼畜仕様なのでやりこみ要素は十分にある。前述の通り、後半は自分のキャラクターがみるみるうちに強くなるので(時間はかかるが)高難易度のMAPをソロ攻略した時の達成感は他のゲームの比ではない。様々なMAPやMode、難易度に加え特殊効果をつけた豊富な種類の武器が存在する。タワーの射程もキャラクターのステータスで左右されるのである程度決まった型のビルドは存在するものの、臨機応変にする必要があるので作業感は薄い(本当にやり込んでくると最後はどうしても装備集めの作業になるが)。ステータスが必要十分にあればタワーだけ設置して放置という方法もある。が、なんだかんだ面白くて結局数百時間という時間を使った。

さて、問題のDungeon DefendersⅡだが現在はα版ということで色々不便なことが多い(当たり前のことだが)
本当に期待してるッ!って人は今買ってもいいが、個人的にはオススメしない。アイテムのトレード不可や強化費用の集まらなさ、難易度による使用可能mapの少なさ、きっとこれから改善されるのだろうが問題点は多々ある。
ゲーム性について述べるなら現状ではⅠの劣化版としか言えない、というのが本音だ。
今作ではタワーの射程範囲を変化させるステータスが存在せず、レベルアップによるポイント制のステータス強化も存在しない。
射程は射程増加のオプションがついた装備をつけるか、アップグレードで変化する。タワーによっては大きく伸びるものもあれば変化しない物もある。これによってビルドがほとんど同じような内容になったと思う。各map特有の設置の仕方が存在せず、ある程度決まった形で置くのが定石(それが通用するし、範囲が狭いせいでビルドの幅が狭い)である。ようは、つまらない。
レベルアップ時にフリーポイントがいくらか手に入り、好きなステータスに自分でそのポイントを振り分けるシステムは個人的には良かったと思ったのだが今回はそれを採用していない。代わりに各キャラクターごとにスキルやタワーを強化する内容の項目が存在しており(??%の確率で??%の追加ダメージなど)、それに振ることが出来る。??の部分には振ったポイントに応じた効果値が適応されるが、振れば振るほど効果が低くなっていくのでレベルアップによる恩恵が少なくなっていく。他の項目に振っても良いが、まったく必要のないクソオプションもあるのであまり振る意味がない。
正直現状ではあまりやる価値がない内容になっている。ちょくちょくPatchが当たっているのでしばらく時間を置いて、その時に前作を超えるような神ゲーになっていることを祈る。

Osu!

これはまあ皆知ってるはずなので割愛。メイン垢はもう使ってません。ブランク長すぎて動かす気になれないし、どうしても過去の自分と比べてしまってモチベーションの低下に繋がるので。サブ垢で時折やったりしてます。割ともう純粋に楽しむ感じになっちゃったので公開するつもりないんですが、もし知りたい人がいればtwitterなりここでなり言ってくれれば反応します。

LoL

なんだかんだ長くやってたけど、最近はまったくやってないですね。よく分からないけど疲れちゃったのかな。
別にゲーム自体は今も好きだし、Patch Noteのチェックとかまとめサイトの動画チェックとかもしてる。
ただ、あまりやる気にはならない。そういうこと。

CS:GO(Counter-Strike:Global Offensive)

2015y03m28d_055347659.jpg

高校から大学に入った頃まではネトゲはFPSがメインでした。当時はCS:Sだったけど、ちゃんとチームに入って練習もして、といった感じでやってた時期もあった。でも、ちょうどその時Osu!に出会ったのが良くなかったのかもしれない。
チームの中では俺だけ技術的にほぼ新参みたいな感じで、どうしても引け目を感じながらプレイしてた。今思えば完全なネガティブ思考でプレイしてたせいか、緊張ばかりで集中してプレイ出来ず、よく考えもせずにそれを繰り返してた。チームの空気も俺には重くて、いつの間にかFPSをやるのが苦痛になりずっとOsu!に逃げてそのままやめてしまった。
そこから競技系FPSは避けてきたけど、仲間内でCS:GOが流行ってた?のがきっかけだった。
「おい、3daysもやろうぜ」
その誘いに対して笑いながら「やんねーよww」と返すのがいつものやり取りだったが、その日はなぜかってもいい気がした。結局行っても2-20とかSuper Noobプレイだったけど、気楽にやれる面子だったのと俺がFPSに苦手意識を持ってるのを配慮してくれたおかげか、不思議と悪い気分ではなかった
そこから色々と教わりながらプレイを続けた。疑問に思ったことは聞く、同じことは出来るだけ繰り返さない。単純なことだがここ数年で考えてゲームをすることに慣れたおかげか、あっという間に上達していった(スタート地点が雑魚すぎたという点はあるが)。昔はAIMのことしか考えていなかったが、自分に有利な状況で勝負する、味方のカバーをする、相手の動きを予想する、といった立ち回りのことを考えるとスコアは少しずつ伸びていた。久しぶりにFPSが楽しい、と思った。
最近は他にやるべきことがあるのでプレイしていないが、FPSの負のイメージは完全に払拭できたと言える

Ori and the blind forest

2015y03m28d_060459779.jpg

2015y03m28d_060300034.jpg

2015y03m28d_060303886.jpg

たまたまSteamでストアを眺めていたら雰囲気がよさ気で割と安かったので購入。幻想的な雰囲気で絵の音楽も綺麗なんですよね。最初の方は何言ってんだこれ、みたいな感じですがストーリー自体は割とシンプルで、最後の方はそういうことかとすんなり頭に入って来ます。他の批評でも言われてますが、雰囲気に対して難易度は高め。ただゲームシステムに慣れてしまえば楽しめるレベルだと思います。僕みたいに全実績解除しようとしたりするとイライラプレイになるので、じっくり楽しみながらやるのが一番でしょう。普通にプレイすれば6時間~10時間もあれば一周終わるでしょう。スピードプレイなら三時間以内に終わります。スーパーソニックという実績は三時間以内にゲームをクリアするのが解除条件です。最終ダンジョンを2:59:57でクリアしたら、実はその後のエンディングに繋がる部分もゲームクリア時間に含まれていて解除されなかったのはいい思い出です。感動のシーンなのにキレそうになりました
結論を言えば値段に対して妥当な価値だと思います。楽しめるゲーム時間から言えば割高ですが、それを補う音楽と映像美があります。本当に音楽はめちゃくちゃいいです

そんな感じの日常を最近は生きています。大したこと書いてないけど大分長くなりましたね……。
次に更新するのがいつになるか分かりませんが、また次の時にお会いしましょう。
スポンサーサイト
02 | 2015/03 | 04
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

3days_dream

Author:3days_dream
Playing ArcheAge

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

PikaPika_Atlantis

Present's by
3ET

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。